AST203 EU地域研究C(北欧地域)
  2単位 2~4年次 2学期
千葉庄寿 

【身に付くように意識している汎用的能力】
知的好奇心
本質を理解する力
論理的に考える力
多様性を理解する力
様々な人と対話する力
【題目】北欧地域の社会と文化―フィンランドを中心に―
【到達目標】フィンランド共和国の事例を中心に,北欧地域の社会的・文化的特質を日本や世界の他の地域との比較を通じ横断的に捉えるとともに,北欧地域の特徴が成立する過程をその地理的・歴史的背景から縦断的に理解する
【講義内容】この講義では,世界の中での北欧地域の特徴,北欧の地域としての共通点,北欧諸国間の差異といったさまざまな尺度で北欧地域の社会的・文化的特徴を捉えることをめざします。とりわけフィンランドに注目し,フィンランドがもつ地理的・歴史的背景を踏まえつつ,現代フィンランドが見せる社会的・文化的特質を「政治」「環境」「教育」「福祉」「言語」「情報」「芸術」といった視点から読み解きます。
外国地域の研究の醍醐味は,対象地域と自分が生まれ育った地域とを比較し,それぞれの地域がもつ本質的な違いや共通点,良いところや問題点,そしてその改善のヒントを発見することにあります。従って,日本(や近隣アジア地域)との比較の視点なしに北欧やフィンランドについて深く理解することはできないといえます。しかし,北欧と日本は経済規模や人口が大きく異なるため,2つの地域を単純に比較することは難しく,むしろ危険でさえあります。では,サイズの違う社会,異なる地理的・歴史的背景をもつ社会の本質を見極めるためにはどうすればよいのでしょうか?本講義がめざす目標―フィンランドを中心とする北欧社会の本質を理解すること―は,その意味で,地域研究のchallengingな課題といえるでしょう。

【授業計画】

1回
  • ガイダンス:「北欧」とは?
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: アンケート回答 (Moodle) [0.5時間]
2回
  • 北欧をみる視点 (1) 世界の中の北欧
  • 事前学修: 事前配布資料を読んでおく [0.5時間]
  • 事後学修: 授業の内容に関連する小レポート提出 (Moodle) [1.0時間]
3回
  • 北欧をみる視点 (2) 北欧の地域の「幸福」と「豊かさ」
  • 事前学修: 事前配布資料を読んでおく [0.5時間]
  • 事後学修: 授業の内容に関連する小レポート提出 (Moodle) [1.0時間]
4回
  • フィンランドをみる視点 (1) 世界の中のフィンランド:「小国」「辺境」から世界へ
  • 事前学修: 事前配布資料を読んでおく [0.5時間]
  • 事後学修: 授業の内容に関連する小レポート提出 (Moodle) [1.0時間]
5回
  • フィンランドをみる視点 (2) 日本とフィンランド:「辺境」間の交流史
  • 事前学修: 事前配布資料を読んでおく [0.5時間]
  • 事後学修: 授業の内容に関連する小レポート提出 (Moodle) [1.0時間]
6回
  • フィンランドの社会 (1) フィンランドの政治体制:東西のはざまで
  • 事前学修: 事前配布資料を読んでおく [0.5時間]
  • 事後学修: 授業の内容に関連する小レポート提出 (Moodle) [1.0時間]
7回
  • フィンランドの社会 (2) ヨーロッパの環境・エネルギー政策:サステイナブルな社会への取り組み
  • 事前学修: 事前配布資料を読んでおく [0.5時間]
  • 事後学修: 授業の内容に関連する小レポート提出 (Moodle) [1.0時間]
8回
  • フィンランドの社会 (3) フィンランドの教育制度 (その1) 導入
  • 事前学修: 事前配布資料を読んでおく [0.5時間]
  • 事後学修: 授業の内容に関連する小レポート提出 (Moodle) [1.0時間]
9回
  • フィンランドの社会 (3) フィンランドの教育制度 (その2)
  • 事前学修: 事前配布資料を読んでおく [0.5時間]
  • 事後学修: 授業の内容に関連する小レポート提出 (Moodle) [1.0時間]
10回
  • フィンランドの社会 (4) 情報社会と福祉国家 (その1) 導入
  • 事前学修: 事前配布資料を読んでおく [0.5時間]
  • 事後学修: 授業の内容に関連する小レポート提出 (Moodle) [1.0時間]
11回
  • フィンランドの社会 (4) 情報社会と福祉国家 (その2) スウェーデン・モデルとその問題
  • 事前学修: 事前配布資料を読んでおく [0.5時間]
  • 事後学修: 授業の内容に関連する小レポート提出 (Moodle) [1.0時間]
12回
  • フィンランドの社会 (4) 情報社会と福祉国家 (その3) フィンランド・モデルがたどった道
  • 事前学修: 事前配布資料を読んでおく [0.5時間]
  • 事後学修: 授業の内容に関連する小レポート提出 (Moodle) [1.0時間]
13回
  • フィンランドの文化 (1) 文化の礎としての言語:「フィンランド語」ができるまで
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: 授業の内容に関連する小レポート提出 (Moodle) [1.0時間]
14回
  • フィンランドの文化 (2) 産業デザインにみる芸術と技術の融合と発展
  • 事前学修: アンケート回答 [0.5時間]
  • 事後学修: 授業の内容に関連する小レポート提出 (Moodle) [1.0時間]
15回
  • まとめと総括:北欧と日本の比較地域研究のために
  • 事前学修: 期末試験準備のために授業資料を整理しておく [0.5時間]
  • 事後学修: 期末試験準備 [3.0時間]
【教科書】なし
【参考文献】授業および授業コース(Moodle)で随時紹介する。
【成績評価方法・基準】出席・クイズの解答,課題(小レポート)の提出状況(以上45%),期末試験(55%)により総合的に評価します。期末試験はA4の用紙一枚(手書き)の持ち込みを可とし,授業で扱ったトピックについての振り返りをおこないます。
授業情報の提示および課題の提出にオンラインのコース管理システムMoodleを用います。予・復習を含めたさまざまな情報を提供しますので,定期的なチェックが欠かせません。
授業の内容に関連する確認の課題(小レポート)をほぼ毎回出します。課題の提出はMoodleでおこないます。
【試験・課題に対するフィードバック】課題へのフィードバックはMoodleを通じておこないます。
【履修の条件】なし
【聴講生・科目等履修生受入】
【他学科生・他専攻生受入】
【他学部生受入】
【当該科目に関連する授業科目】フィンランド語Ⅰ・フィンランド語Ⅱ
【使用言語】日本語
【担当者からの一言】500万人が暮らす北欧の小国フィンランド共和国は,充実した福祉制度,情報社会の先進性,教育の充実,日常生活用品のデザイン性の高さなど,様々な分野で世界から注目されています。地理的にも歴史的にも全く異なる北欧地域と日本ですが,フィンランドはヨーロッパの,日本はアジアの辺境地域に位置するという,グローバル化する経済・社会で私たちが果たすべき役割を考える上で興味深い共通点があります。日本との意外な接点を授業の中でたくさん発見してもらえればと思います。