FOR フィンランド語Ⅱ
  1単位 ★1年次 2学期
千葉庄寿 

【身に付くように意識している汎用的能力】
知的好奇心
本質を理解する力
多様性を理解する力
チームワークよく成し遂げる力
様々な人と対話する力
意志や情報を発信する力
自ら行動する力
【題目】現代フィンランド語の基礎
【到達目標】フィンランド語の初級文法を活用しながら,基本的な語彙を使って自分の考えを表現し,また必要な情報を引き出す質問でができるようになることをめざす。
【講義内容】フィンランド語は,話者およそ500万人,北欧スカンジナビア半島の付け根にあるフィンランドを中心にして話されている言語です。歴史的に他のヨーロッパの言語とは異なる系統に属し,独特の語彙・形態・文法構造をもっています。本講義の目標は,フィンランド語の言語的な特徴を,英語や日本語その他の言語と比較検討しながら理解するとともに,フィンランド語を実際に使う訓練を通じ,楽しみながら語学学習のコツを体得することです。
授業では,フィンランド語の語彙と文法のポイントを実践的に学びながら,フィンランド語を用いて自分の考えを表現する練習をおこないます。毎回,簡単なダイアローグを使ってポイントとなる文法を説明し,さらに表現に必要な単語を整理し語彙力を増強します。
最終的には,各自自分なりに習得した語彙を使い,フィンランド語の簡単な文章を作って自分の考えを表現し,また相手の考えを聞きだすことができることを目標に授業をすすめます。
※授業計画のトピックには文法事項を挙げていますが,授業内容は文法事項の習得に限るものではありません。

【授業計画】

1回
  • これまでに学んだ内容を整理する
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: 語彙と文法の確認問題 [1.0時間]
2回
  • 自分の行動を表現する;時の表現
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: 語彙の整理・復習問題 [1.0時間]
3回
  • 過去形と完了形 (1)
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: 語彙の整理・復習問題 [1.0時間]
4回
  • 過去形と完了形 (2)
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: 語彙の整理・復習問題 [1.0時間]
5回
  • 過去形と完了形 (3)
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: 語彙の整理・復習問題 [1.0時間]
6回
  • 受身形とその機能 (1)
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: 語彙の整理・復習問題 [1.0時間]
7回
  • 受身形とその機能 (2)
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: 語彙の整理・中間テストの準備 [2.0時間]
8回
  • 中間テスト
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: 振り返り [1.0時間]
9回
  • 階程交替の練習 (1)
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: 語彙の整理・復習問題 [1.0時間]
10回
  • 階程交替の練習 (2)
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: 語彙の整理・復習問題 [1.0時間]
11回
  • 複数形の作り方 (1)
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: 語彙の整理・復習問題 [1.0時間]
12回
  • 複数形の作り方 (2)
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: 語彙の整理・復習問題 [1.0時間]
13回
  • 分詞 (1)
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: 語彙の整理・復習問題 [1.0時間]
14回
  • 分詞 (2)
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: 語彙の整理・復習問題 [1.0時間]
15回
  • まとめと総合練習
  • 事前学修: なし
  • 事後学修: インタビューテストの準備 [2.0時間]
【教科書】プリントを配布します。
【参考文献】Moodle で関連リソースを提供します。
【成績評価方法・基準】復習問題の実施状況,語彙のふりかえり,中間テスト,期末テスト (インタビューテスト)などにより総合的に評価します。
【試験・課題に対するフィードバック】Moodle を用いて課題のフィードバックをおこないます。
【履修の条件】特になし
【聴講生・科目等履修生受入】
【他学科生・他専攻生受入】
【他学部生受入】
【当該科目に関連する授業科目】特になし
【使用言語】日本語
【担当者からの一言】実践的な練習を通じ語彙と文法事項をマスターしていきます。授業への積極的な参加を期待します。